2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

その他のお勧め本

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月27日 (日)

イギリスから帰ってきました

Photo

ただいま!のご報告です(*^-^)

3年ぶりのイギリスは天気にも恵まれて、とても素敵な旅となりました。

この写真は2度目のストラトフォードアポンエイボン、アンハサウェイの生家(シェークスピアの奥さま)の庭です。

Photo_2

今回初めての場所は湖水地方とエジンバラ、そしてチェスター、でした。2度目はコッツウォルズ、ストラトフォード、バース。

やはりイギリスの初夏は最高です。特にカントリーサイドは人も優しく、美しく、ほんとうに幸せな気分にさせてくれます。

いつも最後に立ち寄るロンドンでは具合が悪くなりそうになる私です(^-^;地下鉄で近距離の郊外へ逃げ出します。

都会は人が多くて、雑多で、やはり疲れてしまいます。きっと根っから田舎の空気があっているのですね(笑)

写真は鳥の羽根をジャガイモにさし、ひもに通した鳥よけでした!こんな気の利いた鳥よけ、初めて見ました!

またイギリスの写真アップしますね。

2010年6月13日 (日)

イギリス行き直前!

Photo

明日からイギリスへ行きます!

軽井沢はどんどんいい季節になるというのに、明日旅立ってしまいます・・・

なんで残念そうかというと(。>0<。)

いよいよ庭のバラたちや、フウロ草や、そのほか春の花たち第2段!が咲き始めるところだから・・・

できることなら、涼しい日が続いて、きれいなまま咲いていてね!と、お願いするしかありません(^-^;

Photo_2

精霊たちにお願いしていたら、なんとか咲き始めには間に合い、バラたちが開くところは見せてもらえました。

ありがとう!!!

Photo_3

またイギリスの写真アップしますね。

あちらの精霊や妖精たちに会えることを期待しつつ、いってまいります。

エジンバラから入り、湖水地方やコッツウォルズなど、巡ってきます。帰って来るのを楽しみに旅行に行く人もあまりいないですよね(。>0<。)

2010年6月 1日 (火)

シック ヴィオラ&畑を守る精霊

Photo

昨年の秋に、購入したヴィオラを畑に植えてみて、どんな感じで冬越しするかを試してみました。もちろん、植える時に一度水をあげるだけの私たち流です(笑)あとは育ててくれる精霊たちと植物自身の生命力におまかせ。

そのひとつがこの素敵な花です。

結果はみごと!でした。春が近づいてきて見にいくと、雪の下からかなりな大株のヴィオラが美しく咲きながら出てきていました。この寒冷地で、たくましく生きていてくれたこと、そんな凛とした姿には感動してしまいますよね。

Photo_2

ついこのあいだ、久しぶりに夢の中で精霊に話しかけられました。

私の畑に協力してくれている存在ですが、ふだんは心の声のように想いが伝わってきて、夢にでてくるときは何故か言葉がきこえるのです。

でもまるで風の言葉のように、涼しくて風が吹きわたってゆくような透明感のある声です。

「さあ、時がきました、種を蒔いてください」と。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »