2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

その他のお勧め本

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月27日 (木)

白の不思議

Photo

先月軽井沢で撮影したムラサキシキブの白実です。

とてもやさしい白色だったので、思わず写真に収めました。

Photo_2

わたしの小さい庭にはスペースがなく、植えられないのですが、いつか庭にほしい植物のひとつです(笑)

切り枝にして楽しみたいな。

癒しのブーケ、作ってみたいです(笑)

2008年11月26日 (水)

暖かなコナラの笑顔

Photo

なぜだかハートウォーミングな一枚になりました。

ここ軽井沢でも最後に紅葉するコナラ。

Photo_2

来年も冬が来る前の暖かな日差しに似合う豊かな笑顔を見せてくださいね。

2008年11月24日 (月)

アイスブルー

Photo

わたしたちの庭で何故か秋に咲き始めてしまったラベンダーの花。

とても長く咲いてくれて香りで私たちを癒してくれました。

神秘的に撮れていたのでみなさんにご紹介です

Photo_2今読んでいる本のなかに、植物の葉をさわりながらアイスブルーというと、痛みに関する癒しになると書いてありました。これも青色が癒しになるという事例のひとつでしょうか。

単に肉体的な痛みだけでなく、精神的な痛みや、金銭的などの心の痛みでも効くそうです。

庭や植物の癒しにに関系することなので自分で試してみようと想っています(嬉)

2008年11月22日 (土)

洋種やまごぼう

Photo_4

洋種やまごぼう。

想えば小さい頃から洋種やまごぼうがすきでした。

小学校の帰り道にみつけると、持って帰りたくて。でも、硬くてとても手で折れなかったのをおぼえています。

Photo_5

ぎゅうにゅうビンに実をいれて、木の棒でつぶして色水をつくりました。

その美しい紫色。

なつかしい思い出とともに蘇ります(笑)

2008年11月21日 (金)

小さな癒しをはこぶナッツ

Photo_3

借りている畑で咲いていた花を霜の降りる前につんできたのですが、ものぐさの私は摘んできたままのじょうたいで床におきっぱなし。

なぜだかそのおきっぱなしの花のなかに顔をつっこみたがる我が家のナッツです。

Photo_4

そのじょうたいがなぜか?お気に入りの様子です。

天性の癒し犬か、それとも彼女が花に癒されているのか...

どちらもあたりかも知れませんね(笑)                              

2008年11月20日 (木)

チョコレート色

Photo

軽井沢に冬がやってきました。ほんとうに突然に冬がきました(笑)いきなり-6℃です。(もちろん朝方ですが)

2日前に大風が吹いて、まだ樹に残る黄色く色づいていた葉とともに、秋をどこかに連れていった!という感じの冬のおとづれでした。Photo_2

きょうの写真はまだ秋が連れ去られる前のチョコレートコスモスと、紅く紅葉したバラの葉のコラボです。

偶然ですが、たまたま近くに植えていたふたつの植物が、秋に同系色のシックな姿をみせてくれました。

Photo_3

いくつかあるバラの中でもこんなに綺麗に紅葉したのはこの種類だけです。

来年は秋のために意識して植えてみようかと想ってわくわくしています(笑)

今は庭がさびしくなったので、しばらくは撮りためた秋の写真を紹介しようと思います(*^-^)

2008年11月19日 (水)

青色の秘密

Photo

澄んだ青色のデルフィニウム

ついこのあいだまで咲いてくれていました。自然の青色は、私たちにすばらしい癒しをもたらしてくれます。

わたしはずいぶん前に、メニエル病や過呼吸症で苦しんだことがあります。

今考えると魂の奥底で知っていたのかもしれませんが、そのころは青のグラデーションと白の花ばかり植えていました。いえ、それしか植えられなかったのかもしれません。

Photo_2

どこの病院へ行っても治らなかったのですが、夢中になって庭を作っているうちに、いつのまにか少しずつなおっていて、気がついたら症状はほとんど消えていました。

なおってきたころから少しずつ、こんどは優しくて明るい色をつかえるようになってきたのです。

いちばん眩しくてきらいだった黄色も、いまではじょうずに?使いこなせるようになったように想います(笑)

人は苦しみの中にいるとき、明るい光はなかなか受け入れられないようです(笑)全部は話しきれませんが、苦しかった経験を生かして、いつか花の色をただ美しいだけでない、ほんとうに人を癒せる植物の使い方のできるガーデナーになりたいと願っています。

2008年11月18日 (火)

秋のお絵書き教室

Photo

敷地にあるコナラの樹ひと枝を、主人と子供のお絵書き教室に。

小さいどんぐり付きです。

Photo_2

こうして紙に貼り付けて、よく観察して、作った色を近くに試し書き。

主人と娘の二人だけのコミュニケーションの時間なんです。

Photo_3

これは主人の絵ですが、書いたあと、娘の絵の方が生き生きしていると、ちょっとだけ落ち込んでいました(笑)

2008年11月17日 (月)

暖かな秋色

Photo

バラの実がつやつやと輝いて秋の庭をいろどります

Photo_2

ニシキギの赤は暖かな色

まわりを明るく照らしていました

Photo_3

日があたって葉がやさしくほほえんでいるよう。

そのやさしさに癒されます。

2008年11月12日 (水)

今年さいごのひと花

Photo

冬に向かう軽井沢でまだがんばってさいているひと花をご紹介です

けなげに咲いています。これはノコギリソウの白花です

Photo_2

ユーパトリウムの白花です秋によく咲いてくれる貴重な花です

Photo_3 子供の顔と同じ大きさになってしまったダリアです(笑)

このあとさらに大きくなり、珍しいダリア?と化してしまいました。

ふつうのダリアのはずなのですが(笑)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »