2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

その他のお勧め本

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月24日 (日)

真夏の清涼感

8_046

私の好きなノリウツギ(ミナズキ)は、花の少なくなった真夏の庭で、魅力を発揮します。

ライムライトという品種です。

8_014 

少し見ごたえが出るように、9本ものノリウツギが植えてあるので、1年目にしては、とてもいい感じになり、夏の庭を飾ってくれています。

緑のなかで白が浮いてしまいがちなシーティングアーバーの周りに植えて白い花で馴染ませて、そして囲むように植えたことで、座ると守られたような落ち着いた空間になり、クッションを敷き、お茶を飲みながら本など読むには最高です(笑)

8_039

チコリとトマトがとてもかわいくて写真を撮りました。チコリは銅葉の丸葉チコリで、色が畑のポイントになります。

8_041

花もやさしい水色で、かわいらしくて二度楽しめます。どんなかわいい妖精がついているのか想像すると心があたたかくなります。

2008年8月22日 (金)

ライムグリーン

8_055

今日の癒しの庭です。

アメリカハナズオウのハートオブゴールドが、やさしいライム色のハート型の葉を揺らしています。

曇っていたので、雰囲気が伝わるかな。

8_030

イギリスから買ってきた種のひとつ、花たばこのライムグリーンがよく咲いています。

8_029

真っ白のミナズキの下で揺れているんですが、シックなので、目に入らない人にはまったく見えていないようです(笑)

8_070

クラブアップルが色づいてきました。

私が勉強しているバッチレメディのなかにもクラブアップルの花から作られたレメディがあります。

浄めのレメディとして知られていて、何らかの意味で自分は汚い人間だとか汚されてしまったと感じて悲観的になったり、些細なことや、外見上の傷などで気に病み、その気持ちが過度の潔癖症として現れるような症状の人に使われるそうです。

植物の力って、すごいですね。私はまだまだ智慧が足りませんが(笑)

2008年8月 6日 (水)

清楚な花たち

Img_8102

やさしい色のゲラニウム。だいすきなんだけれど、雨に弱くて世話がやけます(笑)

Img_8205

マトリカリアのポンポン咲き。

ボタンのようでとてもかわいいんです。

Img_8207

ね!今、ドライフラワーを作っています。少し黄色くなってしまうけど、秋にはクリーム色のリースを作りたいと思案中です。

Img_8191

これも私のお気に入り。

スカビオサのオクロレウカ。クリーム色。小型の花がたくさん付いて風に揺れます。

ちなみに暑さにも強い、優れた子です。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »