2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

その他のお勧め本

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

春が待ち遠しい!

3_065 なかなか写真が撮れず、みなさんにお見せ出来ませんが、家の前の木に、フランスのおみやげでいただいた小鳥のえさが取り付けてあり、毎日何度もかわいい小鳥が遊びに来ています。

すぐに気配を感じ取られてしまって、写真に収めることができません(笑)            

3_076

まだまだ修行が足りません。

おなじみさんの小鳥はいつもつがいで仲良しです。片方が食べていれば片方がかならず見守っています。

3_009

この間仕事で東京に行ったときに、梅が咲いているのを見ました。そしてそこにもつがいのめじろを発見。

なんだかうれしくて、しばらく見入ってしまいました。めじろは春が近ずいていることを楽しんでいるみたい。

春が待ち遠しい私ですが、雪景色のなか飛び回る小鳥たちをもう少し見ていたい気もしています。

 

2008年2月26日 (火)

朝の静けさ

3_089

軽井沢の朝は小鳥の声とともに静かに始まります                    

3月も近づき日も長くなって、少しほっとする今日この頃です

3_093_2

そんな軽井沢のある日、やさしいパステルの朝に写真を撮ってみました

今日のつららはなかなかいい感じです

3_092

穏やかな日になりますように。

2008年2月22日 (金)

2007.7月.イギリス便り3

P1010029

イギリスのガーデンで私が個人的に好きなところは何気なさです。

古い石の家にかかるバラや、クレマチス、植物は人間が計算してデザインしたものを越えたナチュラルさで茂り、私たちを楽しませてくれます。

P1010031_2 雑草のようにあちらこちらに茂る花はカンパニュラの仲間。土地に合う植物のおもしろさですね。

P1010034

この花は名前がわかりません。コリダリスに似た花でこうした石の隙間のあちこちから元気に咲き誇っていました。

どなたか名前を知っている方がいたら、教えて下さいね。

2008年2月13日 (水)

2007.7月.イギリス便り2

P1000982

ウィッチフォードポタリーという鉢を作っているメーカーに行きました。

ウィッチフォードというのはこのあたりの地名でもあります。昔、この辺に魔女でもいたのでしょうか?さすがにハリーポッターの生まれたイギリスの地名です。

サインもとても気が利いていて素敵です。

P1000992

ときどきガーデンの雑誌でも紹介されている、コンテナで作られたショップへ続くゲートも迫力です。

P1000994

中の工房を快く見学させて下さり、土を練るところまで案内してくれた上に、寒さでも割れにくい鉢を作るための土選びや工程まで説明していただき、自分の仕事にいい意味でのプライドを持っていて素敵でした。

働く環境の良さとしても抜群で、皆さんのびのびしていました。

P1000998

いつか私たちも働くひとの環境まで考えたお店を作りたいな。

働くひとも幸せで、来た人も幸せになるような... 。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »